Tel 0154-36-5431

ReRaレラHOME>冬の釧路湿原>SL 冬の湿原号に乗って

 
 冬の湿原号に乗った後は、 
    釧路湿原を訪れ、優雅なタンチョウに出会う

 
                      
 冬の湿原号とタンチョウ(丹頂鶴)観察ツアー
 
 冬の湿原号に引かれたレトロな客車、客車内にはダルマストーブが鎮座しスト−ブの
 窓からは、赤い炎が見えています。
 氷に閉ざされた釧路湿原を車窓より眺めて厳寒の大地に降り立ち。
 厳冬の釧路湿原を訪れ、タンチョウの優雅な姿に出会う・ツアーへ出かけましょう。
 
 
 SL湿原号は、1月〜2月の運行予定。
 
 詳しくは、JR釧路駅 
    http://www.jrkushiro.jp/ へ
    お問い合わせください。
 乗車券等の購入はお客様のほうで
 お願いいたします。
 2月11日(土)より、ディーゼルへ変更

 
   冬の湿原号  プランT
 
    
   標茶駅(しべちゃえき)で待ち合わせ!

 
 冬の湿原号 − 標茶駅下車、ReRaレラと合流 − 伊藤サンクチュアリ(タンチョウ) − 宿泊ホテル
 
    ReRaレラの車で湿原の中の道を通ってツルに会いに行きます。
    途中、エゾシカやワシとの遭遇があるやもしれません。
    湿原のこと、タンチョウのこと、等々ガイドが解説をします。
 
    解散は湿原周辺の宿泊ホテル(阿寒湖畔を除く)等。
 
    料金 大人2人 ¥18,000 
         小人1人 ¥ 2,000
         追加   ¥3,000/人(大人)
     
         大人1人の場合 ¥14,000
   


  冬の湿原号 プランU (タンチョウ)
 
  塘路駅(とうろえき)で待ち合わせ!

 冬の湿原号 − 塘路駅(下車) − 塘路湖 − 伊藤サンクチュアリ(タンチョウ) − 宿泊ホテル
 
 
 
 釧路駅から冬の湿原号に乗り塘路駅で下車をし、塘路駅でReRaレラと集合します。
 近くの塘路湖では不思議な現象「御神渡り」があり、それを見てみましょう。
 そのあとは、湿原の中を通る道々クチョロ線を通り鶴居村へ向かいます。
 途中エゾシカやオジロワシ、オオワシと出会うかもしれません。
 伊藤サンクチュアリでは、タンチョウが集まりエサのトウモロコシをついばんでいるのが見られます。
 その数は、100〜200羽くらい。じっくり見た後はタンチョウがねぐらへ帰る飛翔の姿を見ながら帰路
 へつきます。

 釧路市内のホテルには17時頃着く予定です。
 途中、タンチョウや釧路湿原などのおはなしをしながら行きます。
 なお昼食の時間を設けておりませんのでお食事をしてからご参加ください。
 
 料金 大人2人 ¥18,000 
     小人1人 ¥ 2,000
     追加   ¥3,000/人(大人)
     
     大人1人の場合 ¥14,000
 


戻る
 

釧路湿原の釧路川ツアーと
ネイチャー・ツアーの
レラHOMEへ
釧路の天気情報 釧路の情報・
ReRaレラブログ
お問い合わせ