タンチョウ(丹頂鶴)の撮影、    
   朝から1日中の撮影ツアーです

ガイドがいると効率よく回れます。    

 
                        Tel 0154−36−5431
                                  8:00 〜 20:00

                  ReRaレラHOME冬の釧路湿原SLとタンチョウの撮影1日コースタンチョウ1日撮影       

 
 ◎6時間の基本コース

  釧路市内、鶴居村の宿泊ホテル 朝8時集合 − 14時解散 (6時間)
 
  解散場所は、釧路市内または鶴居村の宿泊ホテル、釧路空港などご指定できます。
 
 
  昼食の時間は取っていません。
  途中コンビニに寄りおやつやおにぎりを買うことは出来ます。
 
  早朝や夕方の撮影は、別設定オプションとなります。

  料金
      大人1名様 ¥18,000
 
      大人2名様以上、お一人あたり¥14,000
 
 
 オプションを追加する場合は、上記料金に下記の料金を追加してください。
 
 オプション1 : 早朝、音羽橋での撮影
           現地(音羽橋)到着予定 5時40分頃
           釧路市内宿泊ホテル 集合時間 5:00
    料金 
        大人1名様  ¥7,000

        大人2名様以上、お一人あたり¥4,000
 

 オプション2 : 夕日の中を飛翔するタンチョウの撮影
   
   料金
        大人1名様  ¥7,000〜¥9,000

        大人2名以上、お一人あたり¥4,000〜¥5,000
           (日の入り時刻により、2月中旬以降)
 
 オプション3 : 早朝と夕日の撮影。
           (オプション1と2をプラス)
 
   料金 
        大人1名様  ¥9,000〜¥10,000)
 
        大人2名様以上、お一人あたり¥5,000〜¥6,000
 
 上記、オプションのみの撮影ツアーは、別料金となります。

  
  撮影ミニ情報
 音羽橋 :雪裡川に架かる橋で「ねぐら」のタンチョウを橋の上から撮影することが
       できます。
        カメラマン専用の橋がありますがシーズン中は非常に混み合います。
        橋より「ねぐら」のタンチョウたちまでの距離は、300mから
        500mくらいの距離です。

        焦点距離を変えたズームレンズで撮った音羽橋からのタンチョウの
        画像です。
        こちらのブログ(レラのタンチョウ撮影)を参考にしてください。
 
 菊地牧場 : 牧場主さんのご厚意により牧場の1部に入ることができます。
        くれぐれもマナーを守って利用してください。
        ここは、伊藤サンクチュアリに出入りするタンチョウたちの飛行コースです。
        夕方、正面に沈む夕陽をバックに飛翔するタンチョウを撮ることができます。
        牧場に入れないときもあるのでご注意ください。
 
 伊藤サンクチュアリ、午前のタンチョウについて
        : 伊藤サンクチュアリでは、11月下旬から1月中旬頃まで陽が出る頃に
          タンチョウたちが飛来します。そのため、この時刻に舞い降りる
          タンチョウの羽が太陽光で透けるのがとてもきれいです。この時期でないと
          撮影できないタンチョウの姿です。
 
  川岸の木々に霜がつく樹霜(樹氷)は、12月から1月中旬頃が見頃です。
  また、太陽の高度が低い時間帯がとてもきれいです。
  2月の終わり頃からは、気温も上がり早朝の「けあらし」が発生しない日があります。
  3月頃になるとタンチョウの親子では子別れがおこり、タンチョウの夫婦は繁殖のため
  営巣地へ移動しはじめます。 
 
  また、SL冬の湿原号の撮影と組み合わせもできます。こちらをクリック
  メールなどでお問い合わせください。
    お問い合わせ

 

 音羽橋のタンチョウ・スライドショー





戻る
 
 
釧路湿原カヌーと
ネイチャー・ツアーの
レラHOMEへ
冬の釧路湿原 釧路湿原の    
  釧路川カヌーツアー
お問い合わせ